(ブルームバーグ): 米石油大手のシェブロンは1日、歴史的な原油安への準備を怠った石油会社を救済するのは適切ではないとして、政府の措置に反対を表明した。原油価格の急落で米国のシェール産業では業務停止が広がり、過去に例を見ない事態に至っている。

  マイケル・ワース最高経営責任者(CEO)はブルームバーグTVに対し、「厳しい市場環境に備えて堅実な準備を怠った会社を救済するのは、モラルハザードの論拠をいっそう強める」と主張。「市場サイクルは石油業界の一部だ。これまでもずっとそうだった。われわれが業界の一部として認識し、準備しておく必要があることから、政府の介入で保護してもらう必要はない」と述べた。

FRBの貸付プログラム、苦境の石油会社も支援の対象に−修正受け

©2020 Bloomberg L.P.