(ブルームバーグ): 世界の新型コロナウイルス感染者数は340万人を上回り、死者数は24万3000人に上った。米国での感染者数は2日に3.2%増えて計112万人となった。米ジョンズ・ホプキンス大学とブルームバーグ・ニュースの集計データで示されたもので、増加率は過去1週間の平均2.9%を上回った。ドイツでの新たな感染者は890人と、1日として3月以来最も小幅な伸びとなった。

  デブラシオ・ニューヨーク市長は同市について、まだ「困難な状況を脱しておらず」経済活動再開を検討することはできないと述べるとともに、予算不足で復興に支障が出るとして連邦の支援をあらためて求めた。

  米資産家で著名投資家のウォーレン・バフェット氏は2日、自身の率いる投資・保険会社バークシャー・ハサウェイが、新型コロナの経済的影響を理由に米4大航空会社の株式を全て手放したことを明らかにした。またフィリピンの空港当局は、民間航空機による出入国の運航を3日から全面的に停止すると発表した。

  オーストラリアでは社会的距離を保つ措置の新たな緩和策としてシドニーで不動産競売の再開が認められることとなった。一方、シンガポールは一部企業に対し、部分的なロックダウン(都市封鎖)が終了する6月1日以降も従業員の在宅勤務を求める可能性があることを明らかにした。

©2020 Bloomberg L.P.