(ブルームバーグ): 韓国と北朝鮮の兵士が3日午前、南北非武装地帯(DMZ)で銃火を交える出来事があり、両国はその後、軍事通信回線を通じて連絡を取り合っている。

  韓国軍合同参謀本部によれば、現地時間午前7時41分(日本時間同じ)ごろ、北朝鮮から韓国軍の監視所に数発の発砲があり、韓国側は2回の反撃と口頭の警告で応じた。韓国軍に負傷者や設備への被害の報告はないという。

  北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は前日、金正恩朝鮮労働党委員長が約3週間ぶりに公の場に姿を見せたことを報じていた。

©2020 Bloomberg L.P.