(ブルームバーグ): トランプ米大統領は3日、新型コロナウイルス感染拡大で失業を余儀なくされた国民に対する連邦政府の追加支援を約束するとともに、経済活動の再開を推し進める考えを示した。

  トランプ氏はリンカーン記念堂での対話集会で、新型コロナによる米国での死者の見通しについて「7万5000か8万、10万人の間のどこかだろう」と述べた。4月初めに死者が6万人に届かないよう期待すると語っていた大統領は予測を上方修正した形だ。国内死者数は現時点で6万7000人を上回っている。集会はFOXニュースが中継した。

  大統領はまた「経済を再開させる必要がある」とし、新型コロナによる休業の経済的影響に対処すると表明。学校や大学に関する教師や学生からの質問には、秋の再開を望んでいると述べた。

  一方、さらなる経済対策については、給与税引き下げを盛り込むべきだとの持論を展開。「給与税の減税抜きに実施することはない」と語った。

  トランプ大統領は5日にアリゾナ州を訪れる予定。先週末のメリーランド州の山荘キャンプ・デービッドの訪問を除くと、ワシントンを離れるのは3月28日以来となる。

©2020 Bloomberg L.P.