(ブルームバーグ): 米ゼネラル・モーターズ(GM)は新型コロナウイルス感染拡大による消費者需要低迷が続く状況に対応し、手元流動性の増強で20億ドル(約2130億円)の新規融資を確保するため銀行と協議中だ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  融資は364日間の回転信用枠として構成されており、GMの手元流動性を高めるための予防的措置だと、関係者は匿名を条件に話した。

  GMの広報担当は電子メールで配布した発表文で、「こうした不確実な時期にも、流動性を高めるさまざまな選択肢を引き続き評価し、慎重に行動する」方針を示した。この融資案件を主導するJPモルガン・チェースはコメントを控えた。

©2020 Bloomberg L.P.