(ブルームバーグ): 配車サービスを手掛ける米ウーバー・テクノロジーズは3700人を削減し、ドライバー・サービスセンター180カ所を恒久的に閉鎖する。新型コロナウイルスの感染拡大への対応で2週間以内に発表する経費節減策の第1弾となる。

  ダラ・コスロシャヒ最高経営責任者(CEO)は6日付の電子メールで、人員削減は全世界のスタッフの14%が対象で、サポートや採用業務が中心になると、従業員に伝えた。利用者数が激減し、採用を凍結しているとも説明した。メールはブルームバーグが確認した。

  ウーバーが運営する全世界で450カ所余りに上るドライバーセンターのうち4割が閉鎖される。グリーンライト・ハブと呼ばれるこれら拠点はウーバーのドライバー登録業務やアプリの使い方の説明、仕事で生じる問題への対応を担う。北米で新型コロナの感染が広がった3月にウーバーは米国とカナダの全ての拠点を一時休業するとしていた。

  コスロシャヒCEOは2週間以内にさらに「困難な調整」が実施されると示唆し、「こうした日々は厳しい」とメールでコメントした。

©2020 Bloomberg L.P.