(ブルームバーグ): 米中の貿易協議責任者が第1段階の合意履行の進展を巡り、来週にも電話会談する。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。トランプ米大統領は中国側が着実に実行しなければ合意を「打ち切る」と警告していた。

  関係者によると、中国側は劉鶴副首相が会談に臨む。米国からはライトハイザー通商代表部(USTR)代表が参加すると関係者の1人が話した。

  劉副首相とライトハイザー代表が実際に第1段階合意に関して公式に話すことになれば、新型コロナウイルス感染拡大で米中経済と世界のサプライチェーンが大きな打撃を受ける直前の今年1月の署名以降で初めてとなる。

  第1段階合意には両国の責任者が半年ごとに会合を行うことが盛り込まれており、来週に電話会談をすれば予定よりもやや早く実施されることになる。

  中国商務省に協議に関してコメントを求めたが、今のところ返答はない。USTRのオフィスに電子メールで通常業務時間外に問い合わせたが、返信がなかった。

©2020 Bloomberg L.P.