(ブルームバーグ): 米リッチモンド連銀のバーキン総裁は7日、マイナス金利について、「よそで試されたと思うが、この国で試す価値があると私に思わせる理由は個人的には見当たらない」と語った。CNBCテレビとの電話インタビューで発言した。

「今後数週間、数カ月で人々は仕事に戻り、できればやがて小売店などに戻るだろうが、それに伴いデータは今の低い水準から上向くと予想したい」「われわれは激しい落ち込みを経験した。消費者、対面ビジネスは特に再び対人でのやりとりを不安なく行えるようになるには、しばらく時間がかかると思う。そのため回復はより緩やかなペースになるだろう」バーキン氏は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持たない

©2020 Bloomberg L.P.