(ブルームバーグ): アップルは来週、米国の一部店舗で営業を再開する。まずはアイダホ州とサウスカロライナ州、アラバマ州、アラスカ州からスタートする。

  8日の同社発表によれば、「検温や社会的距離の確保、マスク等の着用といった安全対策を強化することで、顧客と従業員の健康を維持する」方針。

  同社はこの日、ドイツの15店舗で11日に営業を再開するとしていた。すでに韓国やオーストリア、オーストラリアで店舗再開に踏み切っている。

©2020 Bloomberg L.P.