(ブルームバーグ): 米クリーブランド連銀のメスター総裁は8日、新型コロナウイルス感染拡大の経済的打撃に苦しむ州や自治体に対し、連邦政府が支援を強化する必要があると述べた。シリウスXMラジオのインタビューで、「州と自治体が追加支援を必要とするのは間違いなく、連邦政府はそれを実践する最善の方法を考えるべきだと思う」と語った。

  1−3月(第1四半期)には米国内総生産(GDP)が前期比年率4.8%減少。メスター総裁は4−6月(第2四半期)が「はるかに悪い数字」になる見込みだと話した。

  ただ、経済活動の再開が慎重に行われる限り、年内に回復が始まる可能性があると述べた。

©2020 Bloomberg L.P.