(ブルームバーグ): 北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)数基を完成させた、と韓国紙東亜日報が伝えた。  同紙によると、米当局は平安南道の自動車工場でICBMが組み立てられ、完成したと確認した。匿名の米政府当局者の話として伝えた。北朝鮮は2017年に平安南道から弾道ミサイルを発射した。  同紙によれば、米当局は移動式発射台(TEL)の存在も把握している。

  同当局者は東亜日報に対し、米国が今後の展開を注視しており、ICBMの実験や軍事パレードでの威力誇示などの可能性があるとみていると語った。同紙は北朝鮮が7月より以前に挑発を行う公算があるとしている。

©2020 Bloomberg L.P.