(ブルームバーグ): ソフトバンクグループの孫正義社長は10日、新型コロナウイルス感染拡大の出口戦略として、検査や隔離が必要だと主張した。ツイッターに投稿した。

  孫社長は「基本はテストと隔離」とした上で、PCR検査や抗体検査などを「適材適所」で行うべきだと指摘。症状別に感染者を隔離すべきだと訴え、「最後はワクチンと治療用抗体」と分析した。

  医療従事者用の防護具や自粛に対する政府補償の必要性についても言及した。9日の投稿では、医療機関などに抗体検査キットを無償提供すると明らかにしていた。

©2020 Bloomberg L.P.