(ブルームバーグ): ドイツ銀行は、新型コロナウイルスの感染拡大収束後も引き続き出張を抑制するよう行員らに要請し、コスト節減を図る方針だ。テクノロジー担当幹部ベルント・ロイケルト氏のインタビューを引用し、独紙フランクフルター・アルゲマイネ日曜版(FAZ)が報じた。

  同紙によれば、ロイケルト氏は「出張については、企業に残された節減の潜在的余地が大きい」と語った。

  より多くの行員が在宅勤務ができる状況を考えれば、オフィススペースはそれほど必要ない可能性があり、賃借料の軽減分をテクノロジーや商品への投資に振り向けることができるかもしれないと同氏は指摘した。

©2020 Bloomberg L.P.