(ブルームバーグ): アルゼンチンは債務再編案に関する期限を22日まで延長する準備を進めている。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  政府は期限延長を11日の官報で発表する。非公開情報だとして関係者が匿名を条件に語った。

  対外債務650億ドル(約6兆9000億円)の交換に関する当初案の債権者受け入れ期限は、週末に延長されていた。22日までの先送りは債務再編計画におけるフェルナンデス大統領が取る次の対応策の一部となる。

  本来の期限だった8日を前に、アルゼンチンの3大債権者グループが提案条件を拒否していた。

©2020 Bloomberg L.P.