(ブルームバーグ): 11日のインド国債相場は急落。新型コロナウイルス感染拡大よる景気低迷に伴う歳入の落ち込みを補うため、モディ政権が借り入れを増やすと発表したことが嫌気されている。

  インド10年国債利回りは22ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し6.19%。2017年2月以来の大きな上昇となった。モディ政権は8日遅く、4月1日に始まった会計年度に12兆ルピー(約17兆円)を借り入れると発表。予算に計上していた借入額は7兆8000億ルピーだった。

  トレーダーによれば、最上級格付けの10年社債利回りは一時20bp上昇した。

 

©2020 Bloomberg L.P.