(ブルームバーグ): 1月下旬から休園していた上海ディズニーランドが、11日に営業を再開した。ウォルト・ディズニーのヒット曲「ホール・ニュー・ワールド」が流れる中で、来場者はまさに別世界のディズニーランドを体験した。

  来場者は2メートル間隔で列に並び、マスク着用が義務づけられ、新型コロナウイルス感染の恐れをなくすためアトラクションの乗り物は半分が空席とされた。

  来園した主婦(33)は「スタッフは人と人の間隔を空けるよう努力している。手の除菌用ローションは至る所にあり、来場者はあまり多くない」と語った。

  上海ディズニーランドでは、入園ゲートにたどり着くまでに体温の検査を受け、感染者を追跡するスマートフォンのアプリで自身の健康に問題がないことを証明する必要がある。11日は気温23度と蒸し暑い陽気だったが、マスク着用は必須だ。

  ディズニーによると、同日の入場者数は通常時に満員とする人数の20%に抑えた。中国政府が再開当初の段階として指示した30%を下回る水準。この日の入場チケットは発売後数分で完売し、消費者の購買意欲の高さと雑踏にまみれることをいとわない姿勢をうかがわせた。

©2020 Bloomberg L.P.