(ブルームバーグ): エスパー国防長官は軍隊を配備して抗議デモの鎮圧にあたることに反対を表明した。白人警察官による黒人暴行死への抗議デモが全米に広がる中、トランプ米大統領は軍隊動員も辞さない姿勢を明確にしており、エスパー氏の発言はホワイトハウス内に波紋を広げている。

  エスパー長官は3日、国防総省で記者団に対し、米国内において法執行当局の任務を軍に遂行させるのは「最後の手段」であり、この場合の対応は州兵の方がよりふさわしいと述べた。トランプ大統領は1日、暴力抑止に向け都市や州が行動しないなら全土に軍隊を配備することも辞さないと明言していた。

  エスパー長官は「法執行当局の役割で軍を動員するという選択肢は最後の手段とすべきで、極めて緊急性が高く切迫した状況に限定する必要がある。今の状況はそれには当てはまらない。暴動法の発動は支持しない」と言明した。

©2020 Bloomberg L.P.