(ブルームバーグ): 米テキサス州のアボット知事は26日、州内のバーに閉鎖を命じ、レストランに新たな制限措置を導入すると発表した。新型コロナウイルス感染症(COVID19)が再び急激に広がっていることを受け、経済活動再開の動きを後退させる。

  テキサス州では新型コロナ検査の陽性確率が10%を上回った。同知事はこの水準を超えた場合は、制限措置を再び発動すると警告していた。

  同州ヒューストン地域では公衆衛生上の緊急事態宣言が同日発令され、市民は自宅にとどまるよう求められた。

  州知事令によると、レストランは6月29日から受け入れ客数を客席の最大50%に制限され、川下りといったレジャー事業は完全禁止となる。

  アボット知事は8週間前に州の経済活動を再開したが、州内の自治体は時期尚早だと批判していた。

©2020 Bloomberg L.P.