(ブルームバーグ): 26日の欧州株は下落、取引終了直前の1時間で上げを失った。米国で新型コロナウイルスの感染が再び拡大し、同国の一部で経済再開への動きが中断されたことに反応した。

  ストックス欧州600指数は0.4%安で終了。米国株の下げに追随した。銀行や通信が売られたが、テクノロジーや不動産は比較的堅調だった。同指数は週間ベースで2%安。月間ベースでは3カ月連続の上昇となる見通しだ。

  BNPパリバの株式デリバティブ戦略責任者のエドムンド・シン氏は「8月や9月も危なさが残る。季節的に見て、株式市場にとって1年の中で最悪の月となる傾向があるからだ」と述べた。

  欧州債はドイツ債が小幅高。逃避需要の買いが入った。米国で新型コロナの新規感染者数が記録的な伸びを示し、米国株が下落した。

  イタリア債とドイツ債のイールドスプレッドは178ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)で変わらず。一時はスプレッド縮小に向かったが、株が下落するにつれて戻した。

  ドイツ債は米国債をアンダーパフォームした。英国債のイールドカーブはベアスティープ化した。

  ドイツ10年債利回りは1bp下げてマイナス0.48%。フランス10年債利回りはマイナス0.12%で変わらず。イタリア10年債利回りも1.30%で変わらずだった。

Bunds Edge Higher on Haven Demand; End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

©2020 Bloomberg L.P.