(ブルームバーグ): 26日の米株式相場は大幅反落。S&P500種株価指数はここ2週間余りで最低の水準となった。米国債は値上がりした。新型コロナウイルスの感染再拡大で経済の段階的再開が一部の州でストップした。フェイスブックは一部広告主の広告掲載停止が嫌気されて3月以来の大幅安となり、相場全体を押し下げた。

  主要3株価指数はいずれも下落率が2%を超えた。テキサス州とフロリダ州がバーの営業などに制限を復活させ、アリゾナ州でも新型コロナの感染者が急増した。この日発表された5月の米個人消費支出は、政府の支援金に支えられて過去最大の伸びとなったが、個人所得は減少した。米金融当局が米国の主要銀行に対し、少なくとも7−9月(第3四半期)まで増配や自社株買い再開の禁止を指示したことが響き、銀行株は下げた。

  S&P500種株価指数は前日比2.4%安の3009.05。ダウ工業株30種平均は730.05ドル(2.8%)安の25015.55ドル。ナスダック総合指数は2.6%低下。ニューヨーク時間午後4時18分現在、米10年債利回りは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.64%。  

  ストーンXのグローバル市場ストラテジスト、ユーセフ・アッバシ氏は、「人々はサンベルト地帯の動向とこれまでに見られた劇的な感染増加を幾分警戒しているのだろう」とコメントした。

  為替市場ではドル指数が上昇。スイス・フランと円は他の主要通貨の大半をアウトパフォームした。米南部などで新型コロナ感染者数の記録的な増加が続いたのが背景。米国での株安・債券高も逃避需要を押し上げた。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%上昇。一時は0.5%上昇し、6月1日以来の高水準となっていた。週間ベースでも上昇し、3週連続のプラスを確保した。ドルは対円では横ばいの1ドル=107円19銭。ユーロは対ドルで0.1%高の1ユーロ=1.1226ドル。

  ニューヨーク原油先物相場は反落。週間ベースでも下落した。米国での新型コロナ感染急増を受けて需要見通しや相場回復を巡り不透明感が強まった。週間で下げるのは今月2回目。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物8月限は23セント(0.6%)安の1バレル=38.49ドル。週間では3.2%下げた。ロンドンICEの北海ブレント8月限は3セント安い41.02ドル。

  ニューヨーク金先物相場は3日ぶりに反発し、週の終値としては約7年ぶりの高値となった。ドルが上昇したものの、新型コロナ感染の再拡大が景気回復を鈍らせるとの懸念が強まり、金は買われた。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は9.70ドル(0.5%)上げて1オンス=1780.30ドル。週間では1.6%上昇し、中心限月の週の終値としては2012年10月以来の高値となった。

Havens Rally Amid Virus Resurgence, Restrictions: Inside G-10(抜粋)

Oil Posts Second Weekly Loss in June, Undermining Recovery(抜粋)

PRECIOUS: Gold Gains for a Third Week as Virus Concerns Mount(抜粋)

©2020 Bloomberg L.P.