(ブルームバーグ): ベトナムの今年4−6月(第2四半期)の国内総生産(GDP)は前年同期比0.36%増加した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う貿易の落ち込みにもかかわらず、予想外のプラス成長となった。統計総局が29日発表した。

  ブルームバーグが調査したエコノミストの予想中央値は1.3%減だった。1−3月(第1四半期)のGDPは3.68%増に改定された。改訂前は3.82%増。

©2020 Bloomberg L.P.