(ブルームバーグ): 5月の鉱工業生産指数は前月比8.4%低下の79.1と、4カ月連続のマイナスとなった。低下率は市場予想(5.9%低下)を上回った。基調判断は、生産は「急速に低下している」に据え置かれた。経済産業省が30日発表した。

  

エコノミストの見方

第一生命経済研究所の新家義貴主席エコノミスト(26日付リポート):

5月の輸出は急減した4月からさらに落ち込むなど、製造業を取り巻く厳しい環境は変わっていないヘッドライン以上に注目されるのが6、7月の予測指数。6月は緊急事態宣言の解除を受けて持ち直しが予想されるが、そのリバウンドの度合いに注目が集まる

背景

経産省が前月発表した製造工業生産予測調査では、5月は前月比4.1%低下、試算値は5.7%低下だった日本の5月の輸出は前年同月比28.3%減と、リーマンショック後の09年9月以来の落ち込みとなった。新型コロナの影響で自動車関連が振るわず日本の6月の製造業PMI(購買担当者景気指数)は37.8と5カ月連続で悪化。生産高は09年3月以来の低水準に落ち込んだ

(キーポイントとチャートを追加して更新しました)

©2020 Bloomberg L.P.