(ブルームバーグ): 今年1月にイラン革命防衛隊コッズ部隊のソレイマニ司令官が殺害されたことを受け、イラン検察当局はトランプ米大統領とその他35人に対し逮捕状を発付した。半国営のメヘル通信が報じた。

  報道によると、イランのアルガシ・メヘル検察官は29日、司令官暗殺に関与したとして特定された容疑者36人に米国やその他政府の政治・軍事当局者が含まれると発表。国際警察からレッドノーティス(赤手配書)が出されるよう、司法当局として指示したと明らかにした。

  同検察官は具体的に国際刑事警察機構(インターポール)の名前を挙げてはいない。インターポールがイラン警察から逮捕状を受け取っているかどうかは不明。一方、逮捕状にリストアップされた人物は殺人とテロ行為の容疑を問われており、最重要容疑者であるトランプ氏については、訴追に向けた手続きを大統領の任期終了後も続けると述べた。

  インターポールは政治性がある逮捕要請には関与しない。

  米国務省のイラン担当特別代表、ブライアン・フック氏はリヤドで記者会見し、イラン政権による「政治的な芝居」にすぎないとし、「われわれに驚きはない」と述べた。

©2020 Bloomberg L.P.