(ブルームバーグ): 新型コロナウイルス感染拡大のあおりで、1−6月の企業の合併・買収(M&A)は金額ベースで前年同期の半分に落ち込み、2012年以来の低調さとなった。

  感染拡大が3月に市場を揺るがし、各国・地域がロックダウン(都市封鎖)に動いたことからディールメークに付きものの対面ミーティングがほぼ不可能となり、M&A活動は急停止。ブルームバーグがまとめたデータによれば、1−6月に発表されたM&Aは1兆ドル(約108兆円)を辛うじて上回る程度にとどまった。

  特に落ち込みが激しかったのは米州で前年同期比69%減。どの主要業種も影響を受ける中で、金融セクターは比較的ましだった。ブルームバーグのデータによれば、米州を舞台とする上期のM&Aで助言した銀行上位3行はモルガン・スタンレー、ゴールドマン・サックス・グループ、JPモルガン・チェース。

  欧州・中東・アフリカの企業を標的としたM&Aは32%減。助言業務のトップ3行はゴールドマン、JPモルガン、ロスチャイルドだった。

  アジア太平洋地域は減少幅が7%にとどまり、健闘した。助言業務の上位3行はモルガン・スタンレー、HSBCホールディングス、JPモルガン。

©2020 Bloomberg L.P.