(ブルームバーグ): 格安航空会社のノルウェー・エアシャトルは米航空機大手のボーイングに対し、ジェット機購入契約の残り分97機を全てキャンセルすると通知した。長引く737MAXの運航停止措置と、787ドリームライナーのエンジン問題が理由だという。

  ノルウェー・エアシャトルはボーイングとの交渉について、「妥当な補償で合意できなかった」と発表した。ディスカウント前のリスト価格に基づくと、打ち切られた契約は少なくとも106億ドル(約1兆1410億円)に相当する。30日午前の米株式市場で、ボーイングの株価は一時7%超下げた。

©2020 Bloomberg L.P.