(ブルームバーグ): 米電気自動車(EV)メーカー、テスラは4−6月(第2四半期)にカリフォルニア州フリーモントの工場を約7週間にわたり閉鎖したが、中国・上海の新工場に救われた可能性がある。

  ブルームバーグが集計したアナリスト予想では、テスラの4−6月期の納車台数は8万2000台超と見込まれている。8万8000台余りだった1−3月(第1四半期)を上回るとの見方も一部にある。

  テスラや他の自動車メーカーが工場を閉鎖していた数カ月前の段階では、見通しははるかに低い水準にとどまっていた。予想の改善に寄与したのは、1月に一般消費者への納車を開始したばかりの上海新工場。3月の新型クロスオーバー車「モデルY」の生産開始や、5月のフリーモント工場再開もプラスに働いた。

  バークレイズのアナリスト、ブライアン・ジョンソン氏はリポートで、「中国での力強い生産とフリーモント工場での予想を上回る生産を前提とすれば、テスラの納入台数は低めと思われるハードルを越えると考えられる」と分析。テスラの株価が「基本的に過大評価」されているとの見方を示す一方、今後数週間は上昇傾向が続く可能性があると指摘した。

©2020 Bloomberg L.P.