(ブルームバーグ): 北朝鮮の崔善姫第1外務次官は、米当局は米朝首脳会談を単なる政治的な道具に活用しているとして、これ以上の首脳会談を否定する考えを表明した。

  北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)が4日伝えたところによると、崔次官は「われわれは米国と向き合う必要性を感じていない」と指摘。米国は朝米の対話を政治的危機に対処するための道具としてしか考えていないと述べた。

  韓国メディアのEデーリーは1日、同国の文在寅大統領が11月の米大統領選前に米朝協議を行うべきだとの考えを示したと報じている。

©2020 Bloomberg L.P.