(ブルームバーグ): 国際通貨基金(IMF)のチーフエコノミスト、ギータ・ゴピナート氏は、新型コロナウイルス感染症(COVID19)の影響を巡り、過度の高インフレよりもインフレ率が低くなり過ぎる可能性の方をIMFとして一段と懸念していると語った。

  東京大学がIMFとの共催で10日に開いたウェブイベントで、ゴピナート氏は新型コロナ感染拡大のインパクトに関し、一部のモノの価格は上昇するかもしれないが、インフレ率は世界的に低い水準にとどまるだろうと指摘した。

  また、世界経済は多大な不確実性に直面し、引き続き危機のさなかにあるため、金融政策と財政政策による支援が必要だと述べた。新型コロナのパンデミック(世界的大流行)によって、潜在成長率に打撃が及ぶだろうとも話した。

  日本については、高齢化が実質金利の大きな重しになっているとの考えを示した。

©2020 Bloomberg L.P.