(ブルームバーグ): 米国家経済会議(NEC)のクドロー委員長は、中国への投資は「賢明ではない」と米投資家に忠告した。

  クドロー氏は10日にFOXビジネス・ネットワークのインタビューで、「こうした中国企業には現在、あまりにも多くの経済的リスクがみられる。さらにその多くは国家安全保障を脅かしている」と発言。投資家は可視性を確保し、不正の可能性から保護されなくてはならないと続けた。

トランプ政権、鉄道退職者委員会に中国投資避けるよう警告−NYT紙

  トランプ大統領のアジェンダについて問われ、クドロー氏は「はしごの最下段の人々」を政権は支援する可能性が高いとの見方を示した。追加減税やキャピタルゲイン税控除が予想されると述べ、トランプ大統領は給与税の免税措置を熱心に検討しているとして、これまでの発言を繰り返した。

©2020 Bloomberg L.P.