(ブルームバーグ): 香港政府はジムとバーに1週間の閉鎖を命じ、公共の場で集まることができる人数について厳格な制限を再び導入した。新型コロナウイルスの再流行が制御不能な事態に至ることを防ごうと、公共交通機関の利用でマスク着用を拒否する者には5000香港ドル(約7万円)の罰金を科すことも決定した。

  これらの措置は15日から施行する。香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が13日の記者会見で発表した。公共の場で集まれる人数は6月半ばに最大50人に引き上げられたばかりだったが、4人に戻される。香港政府はまた、新型コロナで8人目の死者が出たことも明らかにした。

  今回打ち出されたその他の措置は以下の通り。

香港への入境者には全員、到着前に新型コロナ検査を受け感染していないことを証明するよう義務付け飲食店は午後6時から午前5時までテークアウトのみ提供可−他の時間に一つのテーブルに着席可能な客数は4人まで遊園地やジム、その他10種類の施設は1週間閉鎖

  林鄭行政長官は公務員の柔軟な勤務を認めると約束し、企業には在宅勤務の奨励を呼び掛けた。香港ディズニーランドも15日から休園となるが、併設のホテルは開業し続けると、ウォルト・ディズニーが発表した。

©2020 Bloomberg L.P.