(ブルームバーグ): トルコの7月のインフレ率は3カ月ぶりに伸びが鈍化し、市場予想も下回った。通貨安が進めば物価の上昇圧力を一段と高める恐れがあるものの、近い将来の利上げの可能性は後退した。

  トルコ経済が新型コロナウイルス感染拡大に伴う活動の制限から抜け出す中で、4日発表の7月のインフレ率は前年同月比11.8%と、6月の12.6%から低下。ブルームバーグがまとめたエコノミスト15人の予想の下限を下回った。比較対象の前年同月が高水準だったことも鈍化の一因だった。

©2020 Bloomberg L.P.