(ブルームバーグ): 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2020年度第1四半期(4−6月)に12兆円超の運用益を上げた。新型コロナウイルスによる経済悪化に対処するための世界的な金融緩和や財政出動を受けて国内外株式の評価額が膨らんだ。事情に詳しい政府関係者がブルームバーグに明らかにした。

  4−6月期は、過去最大の運用損を計上した1−3月期から一転、過去最高の運用益となった。これまでの運用益は、16年10−12月期の10兆4971億円が最高だった。

  ピクテ投信投資顧問の松元浩常務は、「GPIFが今回の戻り相場をしっかり取れているのは、下がった局面でもリスクを落とさなかったから」との見方を示したうえで、「年金運用は本当に長い目でみないといけないことをちゃんと分かっている」と述べた。新型コロナの影響で世界的に低金利環境が長く続くと思われ、今すぐにではないにせよ「債券運用に代わる何かを見つけていかないといけないだろう」と指摘した。

  共同通信は5日、情報源を示さない形で、GPIFの4−6月期の運用成績が12兆円台の黒字となったと報じていた。

©2020 Bloomberg L.P.