(ブルームバーグ): 小学生の子どもがリモート学習することを嫌がる親は多いが、好感を持っている人々もいる。オンライン教育関連銘柄の投資家だ。

  宿題の支援を専門とする米シリコンバレーの企業チェグの株価は年初来で120%余り上昇。オンライン学校を運営するK12の株価は約2倍になった。教室・教師研修ソフトウエアを学校に販売するボックスライトの株価は4月から約3倍に上昇している。

  しかし、懐疑派の中には、こうした熱狂は抑えがきかなくなりつつあるのではとの懸念する向きもある。新型コロナウイルスのワクチンが開発され、子どもが再び学校に戻ることになった場合、親がオンライン学習や自宅学習を続けさせるかどうかは分からない。

  教育関連の投資銀行・コンサルティング会社タイトン・パートナーズの共同創業者でマネジングディレクターのアダム・ニューマン氏は、「こうした企業の多くにとって問題は、1−2年上昇した後に落ち着くのか、それとも持続可能なのか、ということだ」と指摘している。

©2020 Bloomberg L.P.