(ブルームバーグ): 米電気自動車(EV)メーカー、テスラは11日、普通株1株を5株にする株式分割を取締役会が承認したと発表した。

  株価高騰により時価総額で世界最大の自動車メーカーとなったことを受け、株式を分割し、社員と投資家が保有しやすい手頃な価格にする狙いがある。

  発表資料によれば、21日時点の登録株主は、その時点で保有する普通株1株に対し追加4株を配当の形で受け取る。28日の取引終了後に分配される株式分割調整ベースの取引は31日からとなる。

  テスラの時価総額は、フォード・モーターとトヨタ自動車の合計を上回る約2560億ドル(約27兆2600億円)に達しており、今回の株式分割は株価高騰の機会を捉えた時宜を得た判断といえる。株価は最近数週間で一時1600ドル台に値上がりし、多くの小口投資家にとって手の届かない水準となっていた。

  テスラ株の投資判断を「ホールド」相当としているウェドブッシュ・セキュリティーズのアナリスト、ダニエル・アイブス氏は「EVの物語全般と同社株への投資意欲が引き続き勢いを増す中で、賢明な行動だと思う」と述べた。

  米アップルも7月30日に1株を4株に株式分割すると発表しており、これに追随する動きとなる。アイブス氏は、他の大手テクノロジー企業も倣う可能性が高いと指摘した。

  テスラの株価は発表を受け、11日の米株市場の時間外取引で一時8.4%上昇し、1490ドルを付けた。

(アナリストのコメントなどを追加して更新します)

©2020 Bloomberg L.P.