(ブルームバーグ): 2020年米大統領選で民主党候補の公認指名が確実なバイデン前副大統領は、全米で49%の支持を集め、トランプ米大統領(42%)に7ポイント差をつけていることが、FOXニュースの最新世論調査で明らかになった。

  調査結果によれば、誰に投票するか決めていないか、独立系候補を支持すると回答した有権者は全体の9%を占めた。バイデン氏のリードは6月の12ポイント、7月の8ポイントから縮小した。

  無作為に抽出した全米の登録有権者1000人を対象に9−12日実施した今回の電話調査(誤差率はプラスマイナス3ポイント)は、バイデン氏が副大統領候補としてカマラ・ハリス上院議員を選ぶと発表する前に半分以上終わっていた。

©2020 Bloomberg L.P.