(ブルームバーグ): 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、約1年前に任命した金才竜(キム・ジェリョン)首相を解任した。国営メディアが14日に伝えたもので、後任には党副委員長の金徳訓(キム・ドクフン)氏が任命された。開城市の封鎖が解除されたことも伝えられた。

  開城市は新型コロナウイルスに感染した疑いのある元脱北者が韓国から同市に戻っていたとして封鎖されていた。

  朝鮮中央通信(KCNA)によると、金委員長は党政治局会議で、洪水被害に関連して外部から支援を受け入れないよう幹部らに指示した。人民を支援する責任は党のみが負うものだと述べたという。

  北朝鮮では約1万6680世帯、公共の建物630棟が洪水による被害を受けたともKCNAは伝えた。道路や橋、鉄道は寸断されているという。

©2020 Bloomberg L.P.