(ブルームバーグ): 今年の米大統領選挙で民主党候補指名を確実にしたバイデン前副大統領は、米公共ラジオNPRと公共放送PBSの「ニュースアワー」、マリストの合同世論調査で、トランプ大統領との支持率の差を2桁台に拡大した。

  同調査でバイデン氏の支持率は53%、トランプ氏は42%だった。

  調査は1261人の成人を対象に8月3−11日にかけて電話で実施した。そのうち登録有権者は1118人。調査の誤差率はプラスマイナス3.3ポイント。

  新型コロナウイルス感染症(COVID19)のワクチンが利用可能となった場合でも、35%は接種しないと回答。接種するとの回答は60%だった。

©2020 Bloomberg L.P.