(ブルームバーグ): トランプ米大統領は21日、米オラクルと北京字節跳動科技(バイトダンス)が合意した動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」米事業の新会社設立について、暫定承認を撤回する可能性を示した。

トランプ大統領、TikTok米事業でオラクル提携案を承認 (2)

  トランプ大統領はFOXニュースとのインタビューで、バイトダンスが引き続き新会社の経営権を保持するのであれば、バイトダンスとオラクルの合意は認めないだろうと述べた。その上で大統領は、新会社が今後株式を公開すれば中国側の影響力も弱まるとみていることを示唆した。

  トランプ大統領は、「バイトダンスの関与はなくなる。関与するのであれば、合意は実現させない」と述べた。さらに「新会社を完全に支配するのはオラクルだ。新会社は恐らく上場し、オラクルがかなりの株式を取得するだろう。オラクルが完全な支配権を持たないのであれば、われわれは合意を認めない」と述べた。

バイトダンス、TikTok支配権を主張−米政府への支払いには反論

  大統領の発言直後、中国共産党機関紙、人民日報の系列紙である環球時報の胡錫進編集長は、「合意内容は中国の安全保障と利益、尊厳を脅かす」として、中国政府は今回の合意を認めない可能性が高いと、ツイッターに投稿した。

  オラクルとバイトダンスが設立に合意した「ティックトック・グローバル」は、バイトダンスが最大で80%を保有する可能性がある。ティックトック・グローバルは米国のほかにも、中国を除く世界各国のティックトック事業を統括する計画だ。

©2020 Bloomberg L.P.