(ブルームバーグ): 米家計の純資産は4−6月(第2四半期)に急増し、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)前に記録した過去最高水準を上回った。1−3月(第1四半期)は感染拡大の影響で大幅に落ち込んだが、株式相場の回復で純資産額が押し上げられた。

  低金利が企業の借り入れを支えており、企業の債務は前四半期比で5946億ドル(年率14%)拡大。残高は計17兆6000億ドルとなった。連邦政府の債務残高は2兆9000億ドル(同58.9%)増え、22兆5000億ドルに膨らんだ。新型コロナ感染拡大に伴う景気の落ち込みに対処するため、大規模な財政支援策を講じたことが影響した。

©2020 Bloomberg L.P.