(ブルームバーグ): ドイツ企業の間では、経済が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を乗り切れるとの楽観がますます強まっている。景気支援策や、大規模なロックダウン(都市封鎖)の再導入を回避する政府の意向が好感されている。

  Ifo経済研究所が発表した9月の企業景況感は93.4と、前月の92.5から上昇した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値には若干及ばなかった。期待指数も前月から上昇した。

  Ifoのクレメンス・フュースト所長はブルームバーグTVのインタビューで、「現時点で指数の回復をけん引しているのはほぼ製造業だ。一部の貿易相手国向け輸出がかなり好調で、改善はこれに関係している」と指摘。一方で、「感染再拡大が問題を生むリスクが明らかにある。サービス業の指数にこれが見て取れる。サービス業は現在、あまりうまく行っていない」とも語った。

  ドイツの工業はコロナ禍からの回復に勢いが見られるものの、サービス業は再び苦戦している。ドイツ連邦銀行(中央銀行)は経済全体の回復は年末まで鈍いペースが続くとみている。

©2020 Bloomberg L.P.