(ブルームバーグ): 日本たばこ産業(JT)の海外事業部門JTインターナショナル(JTI)の幹部は今週行われたバーチャル国際会議で、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴い、たばこの違法取引が世界的に増加していると警告した。

  JTIの幹部は「グローバル・タバコ・アンド・ニコチン・フォーラム」で、組織的犯罪集団が英国などターゲット市場により近いギリシャやアイルランド、ベルギーなど欧州全域で違法な倉庫や工場を設けていると指摘。消費者の可処分所得の減少がより安価なたばこの需要を後押しする可能性があると説明した。

  JTIの世界違法取引対策責任者、イアン・モンティス氏は、「これはパンデミックの直接的な結果だ。犯罪者たちがこれに乗じようとしている」と述べた。

  世界銀行の昨年の報告書によると、世界のたばこ偽造・密輸などのブラックマーケットの規模は年間400億−500億ドル(約4兆2200億−5兆2700億円)。しかし新型コロナの感染拡大に伴い今年に入ってロックダウン(都市封鎖)や国境封鎖が行われたため、ブラックマーケットは混乱。ベラルーシなどで製造された偽造品の輸送が困難になった。これが密輸組織の再編を促したとJTIは説明した。

  ブルームバーグ・ニュースの親会社ブルームバーグ・エル・ピーの創業者であり過半数の株式を保有するマイケル・ブルームバーグ氏は、フレーバー付の電子たばこやたばこ製品の禁止を支援するキャンペーンを行い資金を投じている。

©2020 Bloomberg L.P.