(ブルームバーグ): 中国広東省の東莞市にある華為技術(ファーウェイ)の研究所で25日午後、大規模な火災が発生した。同市の消防当局によれば、施設の管理を担当していた3人が遺体で見つかった。

  火災が起きた建物は、ファーウェイの研究施設の一部。最上階から煙が吹き出す様子をとらえた映像がメディアで報じられた。東莞市が通信アプリ「微信(ウィーチャット)」に投稿したところによると、同研究所はまだ建設中で、火災は午後遅くまでには鎮火したという。

  施設で当時何が行われていたかは不明だが、東莞の研究所は第5世代(5G)移動通信ネットワークや半導体などに関連する素材の研究を担当している。

  ファーウェイの担当者は火災について調べているとしたが、それ以上のコメントは避けた。

(犠牲者などについて追加して更新します)

©2020 Bloomberg L.P.