(ブルームバーグ): ベトナム北部のバクザン省は国内でも特に貧しい農村地帯だったが、テクノロジー企業の世界的サプライチェーンに組み込まれたことで一変した。

   米アップルや同社製品を受託生産している台湾の鴻海精密工業の担当者が訪れるようになり、外国からの投資は毎年ほぼ倍の伸びとなっている。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の状況下でもだ。

  同省は今年の輸出が110億ドル(約1兆1500億円)に達すると予想。6年間で10倍の急増だ。道路は舗装されてトヨタのスポーツタイプ多目的車(SUV)やメルセデスのセダンが行き交い、地元住民は古いバイクを買い換えてホンダの新型二輪車に乗るようになった。

  「工場のおかげで今の生活は天国のようだ」とグエン・バン・ランさん(64)は言う。かつて肉を買う余裕もなかった一家だが、現在は工場で働いて得た給料を貯め、労働者用の宿泊施設を建て経営している。工場従業員向け融資業を手掛ける親族の1人は赤いメルセデス・ベンツに乗っている。

  バクザンのブームは、世界的サプライチェーンの変化がこれまで取り残されてきた地域にいかに影響を及ぼすかを浮き彫りにする。ベトナム共産党指導部はこれまでのところ国内のコロナ感染拡大を抑えており、中国の人件費が上昇して米中貿易戦争が続く中、洗練された製造業を呼び込むベトナムの能力は一段と高まっている。

  ベトナム戦争の終結を経て、外国からの投資受け入れと対外貿易が始まっても、バクザンは貧しいままだった。政府統計によれば、2010年時点で1人当たりの所得は650ドルと、全国の半分ほど。それが今年は3000ドルが見込まれている。

  ベトナム北部経済の扉をたたいたのは韓国サムスン電子などのメーカーだ。 同社製スマートフォンの半分が今やベトナム北部の省で生産されている。

  地元メディアによれば、アップル製品を組み立てる台湾の和碩聯合科技(ペガトロン)は、北部の港湾都市ハイフォンに10億ドルを投資する計画だ。アップルは最近、メカニカル品質エンジニアやサプライチェーン業務・行政関係を担当するマネジャーなどの人材をベトナムで求めている。

  ただこうした成功は、ベトナムにとって最大の輸出市場である米国との貿易黒字拡大を招いている。対米貿易黒字は7月までに348億ドルに達し、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は今月、ベトナムの通貨政策に対する調査を始めると発表した。  エレクトロニクス業界サプライヤーからの投資が続く一方、パンデミックで他の業界は苦しんでいる。ベトナムの観光収入は約5割減り、衣料品などの工場は数万人をレイオフ(一時解雇)した。 昨年7.02%だった経済成長率は今年、2−3%に落ち込む見通しだ。政府は21−25年に6−7%成長に回復すると予想している。

©2020 Bloomberg L.P.