(ブルームバーグ): 米国で30日に報告された新型コロナウイルス新規感染者数が9万9325人に達し、2日連続で過去最多を更新した。米大統領選が来週に迫る中で、感染者や入院者数の増加が目立っている。米国の累計感染者は900万人を超えた。

  トランプ大統領は30日、遊説先のミシガン州で、米国の医師はコロナ感染症の死者数でうそをついていると証拠を示さずに主張。死因がコロナであればより多くのお金が支払われ、死者数をつり上げていると訴えた。

  トランプ政権のコロナ対策が大統領選の主な争点となる中で、1日当たりの新規感染が過去最多を更新している。特にウィスコンシンやオハイオ、ミシガン、ペンシルベニアなど激戦州で感染や入院者数の伸びが目立っている。

  米ジョンズ・ホプキンス大学のデータによると、世界の感染者数は4540万人を超え、死者数は118万人を上回った。

  ジョンソン英首相は新型コロナ感染症関連の入院者数が増え続けていることから、来週から新たな全国規模のロックダウン(都市封鎖)措置を導入することを検討していると、英紙タイムズが報じた。

英政府が新たなロックダウン来週導入も、コロナ入院増で−タイムズ

  30日から全土のロックダウンが始まったフランスでは1日当たりのコロナ死者数が545人と4月以降で最多となった。保健当局によると、死者は計3万6565人。新規感染者は4万9215人と今月25日に次いで2番目に多くなった。

  ベルギーでも医療崩壊を防ぐためにロックダウンが導入される。同国は利用可能な集中治療用のベッド数が来週末までに足りなくなる恐れがある。

©2020 Bloomberg L.P.