(ブルームバーグ): UBSグローバル・ウェルス・マネジメントは、仮想通貨の記録的値上がりを受けて参入しようとする投資家に、全てを失う恐れがあると警告した。

  規制からの脅威や中央銀行が発行するデジタル通貨との競合によって、現在多く取引されている仮想通貨の価値が最終的にゼロになる可能性を指摘した。

  ウォール街がビットコイン市場に参入しつつある中で短期的には値上がりが続く可能性があるが、長期的には存在が脅かされるリスクがあると論じた。

  マイケル・ボリガー氏らは最近のリポートで「当社の見解では、より優れたバージョンが発行されたり規制の変更がセンチメントを悪化させた時に、仮想通貨の価値がゼロになることを妨げるものはほぼ皆無だ」と指摘。

  「従って、仮想通貨投資家は投資規模を、失ってもよい額に限るべきだ」と助言している。

©2021 Bloomberg L.P.