井上靖「夏草冬濤」 文学の香りのようなものの洗礼を受けた 新潮社・佐々木勉さん

井上靖「夏草冬濤」 文学の香りのようなものの洗礼を受けた 新潮社・佐々木勉さん

 大阪・枚方の中学時代、柔道部での練習中に腰椎(ようつい)を痛めて休部した私は本を読むようになった。井上靖の『しろばんば』には親元を離れた洪作少年と血の繋(つな)がらぬお婆(ばあ)さんとの、伊豆湯ケ島での田舎暮らしの日々が描かれていた。

 彼が中学(旧制)を受験するところで終わっていた。続きを猛烈に読みたかったが、続編があるのかも、何という書名なのかも分からなかった。

 あるかどうか分からぬものは探さず、柴田錬三郎、五味康祐、山田風太郎らの剣豪小説や忍者小説を読みふけった。

 寝屋川の高校時代、剣道部に入るがすぐに腰椎の痛みが再発し、読書に舞い戻った。明山君という医大志望の秀才が読書家で、

「『しろばんば』の次は『夏草冬濤』。その次は『北の海』やで」

 と教えてくれた。また、

「『しろばんば』で読むの止めるって、めっちゃ根性あるな」

 と私の克己心を称賛してくれた。

 頁(ページ)をめくるのももどかしく『夏草冬濤』を読んだ。

 洪作は沼津の中学生になっていた。柔道をし、千本浜で和歌を謳(うた)い、ラーメンを2杯単位で食べ、成績はみるみる落とし、女学生の一群とすれ違うとうつむいていた。

 自分よりも60歳も年かさの作者の、大正時代の沼津の少年たちの青春であるはずなのに、昭和55年の大阪の高校生の私の胸中にキラキラと輝き響いた。

 こうして文学の香りのようなものの洗礼を受けたのだった。=朝日新聞2019年10月16日掲載


関連記事

好書好日の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る