『学校が子どもを殺すとき 「教える側」の質が劣化したこの社会で』(渋井哲也著、論創社・1980円)は、ジャーナリストの著者が全国のいじめによる自殺を詳細に分析する。子ども同士の問題だけではない、学校の指導方法や教育委員会の対応などの問題点を浮き彫りにし、子どもの「学校死」をなくすための方策を探る。=朝日新聞2020年6月27日掲載