「逮捕発言」新潟市長が一部訂正

「逮捕発言」新潟市長が一部訂正

放射性汚泥を巡り、新潟市の篠田市長は「当時の泉田知事から動かすと逮捕すると言われた」とした発言について一部事実と違ったと訂正しました。
この発言は原発事故後、新潟市内で保管されている放射性汚泥の処理を巡るものでした。篠田市長は定例会見で「これまで(泉田)前知事は(放射性汚泥を)動かすと逮捕すると言っていた。逮捕されるわけにもいかないので、県の指示に従わざるを得なかった」と述べていました。
この会見に対し、泉田前知事はツイッターで「知事に警察の指揮権はありません。新潟市長が虚偽発言することは異常」さらに翌日にも「篠田市長に電話しました。日時も覚えていないそうです。改めて、訂正を求めました」と連日、抗議していました。
ところが、この週末、状況が変わります。
「篠田市長から訂正がありました」と新たなツイッターを書き込んだのです。泉田前知事が「訂正」と理解したのが新潟市のHPに上げられた内容でした。「同席の際に知事発言を『逮捕』との趣旨と私が受け止めたものであります。関係者の皆さまにはご迷惑をおかけしました」。
「訂正」という文言はありませんが、会見の発言は誤りだったということなのでしょうか。県知事選挙から半年以上たって沸き起こったゴタゴタは、これで収束となるのでしょうか。

ニュースをもっと見る

おすすめ情報

BSN新潟放送の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

08時10分更新

新潟のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索