加治川ダム放流問題 知事・国交大臣は

加治川ダム放流問題 知事・国交大臣は

新発田市の加治川治水ダムが予告なく放水され下流にいた親子が流されけがをした問題の続報です。米山知事は20日の定例会見で予告のない放水が日常的に行われていたことを明かしました。
「ダムの事故について、水難事故に遭われた親子に申し訳ございませんでした。」と、定例会見で米山知事は謝罪しました。この事故は今月17日新発田市の加治川治水ダムが予告なしに放水されたことで水位が急上昇し下流で川遊びをしていた親子2人が流されてけがをしたものです。米山知事は、水位の上昇や事前予告の必要性について認識の甘さを認め、さらに日常的な運用にも問題があったことを明かしました。保守点検などで一旦水門を閉めその後放水する際に必要となる下流の自治体への事前予告を慣習的にしていなかったというのです。県は更に詳しい原因を調べ再発防止を目指します。国も今回の事態を重く見ています。石井国土交通大臣は「あってはならないことで大変遺憾。原因究明を求める。」と、話し、全国のダム管理者に対して安全管理を徹底するよう指示しました。

関連記事

おすすめ情報

BSN新潟放送の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

新潟のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索