臨港道路陥没

臨港道路陥没

聖籠町の新潟東港・臨港道路で16日、工事用のトレーラーが停車したところ突然、道路が陥没しました。
けが人はいませんでした。
県が陥没の原因を調べています。
道路にぽっかりと空いた大きな穴。
その規模は縦およそ12メートル、横5メートル、深さは3・5メートルです。
県によりますと、16日午前10時半ころ、工事で使用した重機などの部品を積んだトレーラーが立ち入り禁止柵を開けるため停車したところ、突然、道路が陥没。
荷台部分が穴に沈み動けなくなったということです。
この場所は関係者以外立ち入り禁止区域で、けがをした人はいませんでした。
県が原因を調べていますが、護岸の基礎が腐食して土砂が流れ出し、空洞化したことが考えられるとしています。
県は他に空洞化している場所がないか調査するとともに、対策を検討しています。

関連記事

おすすめ情報

BSN新潟放送の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

新潟 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索